大山乳業農業協同組合

【2022年期夏期】大山乳業農業協同組合リモートインターンシップ 募集停止中

インターンシッププログラム

実習名

【2022年期夏期】大山乳業農業協同組合リモートインターンシップ

  • 留学生受入

実習内容

大山乳業農協の特徴、各課の役割・業務について理解を深める。また、商品企画や商品開発(スイーツ)を行い、ものづくりについて学ぶ。

実習タイプ

課題対応やプロジェクト

実習方法

リモートで実施

インターンシップに求めている人材

・食品製造、製品開発に興味を持っている方
・考える幅を広げたい方

インターンシップで学んで欲しいこと

・新商品を開発する楽しさ、魅力
・商品開発・マーケティング手法について
・仕事上における協調性の大切さ

スケジュール

2022年8月23日(火)、26日(金)、9月2日(金)【計3日間】

受入人数

6名

希望受入対象

特になし

実習期間・時間

8月下旬~9月上旬(実施日数 3日間)
1日目 13:00~17:00 2日目 13:00~17:00 3日目 13:00~17:00(休憩時間 10~30分程度分)
実習日に土日祝を含む:含まない
実習時間に早朝夜間を含む:含まない
実習日によって実習時間が異なる可能性があります。 ※間を空けた3日間(平日)で行います。

実習先所在地・名称

〒689-2393 鳥取県東伯郡琴浦町大字保37-1
大山乳業農業協同組合
最寄り駅・バス停:JR浦安駅

実習内容補足

Webミーティング形式で行います。パソコンを用意してください。事前に課題を出します。

大山乳業農業協同組合

住所

〒689-2393 鳥取県東伯郡琴浦町大字保37-1

事業所紹介・事業内容

大山乳業農業協同組合は、全国でも稀な県内すべての酪農家が1組織となった酪農専門農協です。自らが生産した生乳を処理し、販売するという一貫体制のもと、公正で正直な行動により、組織、事業、経営の革新を図り、社会的役割と責任を果たすことを基本理念としています。
「自分たちの手で牛を育て、自分たちの手で乳を搾り、自分たちの手で牛乳を届けよう。」
この思いのもとに酪農家32人が集まり、発足したのが、昭和21年。
この思いを持ち続け、創立以来、安全でおいしい牛乳をお届けするために、土・草・牛づくりから指導を行っております。
平成16年には、他業者も含め、県内の処理工場は琴浦町にある本所工場1つになり、全額農民資本による1県1生産組織、1処理工場という全国にもないユニークな存在となりました。

酪農生産のための指導事業、飼料・資材を斡旋販売する購買事業及び生乳の処理・加工、販売業務が主です。
飲用牛乳関係については京阪神から北九州まで、一部商品(アイス等)については、関東地区までを販売エリアとし、各地に営業所・出張所を設置して販売活動を行っております。
大山乳業農協の「心」ー私はあなたにふさわしいー
大山乳業農協のシンボルマークは「白バラ」です。「白バラ」の花言葉には、正直、純粋、そしてあなたにふさわしいという意味が込められています。
大山乳業農協に関わる全ての人が、いつでも、どこでも、人と、心と行動を大切にしながら、全ての人にふさわしい存在でありたいという願いを大切にしながら、その願いを大切にしながら「組合」の心として、人々の健全な暮らしづくりのために貢献してまいります。

学生向けPR

商品企画のイロハを学べます。

この企業の他の実習プログラム