鳥取県金属熱処理協業組合

住所
〒683-0851 鳥取県米子市夜見町3001-3
事業所紹介

鳥取県金属熱処理協業組合(以下とりねつ)は鳥取県の金属加工業者58社の共同出資による県内唯一の熱処理事業所です。金属熱処理は機械金属製品に必要な強度や硬さ、靭性などの機械的性質を付与する極めて重要な工程で、自動車、航空機、建設機械機の部品に施され、これらを製造する金型にも適用されています。とりねつの技術職員のほとんどが熱処理技能士で、その内特級技能士が15名、女性職員も1級、2級技能士が1名ずつ所属し、とっとりマイスターにも5名が認定されています。特許のほかにとりねつのオンリーワン技術が大手メーカーに採用されています。また、「輝く成長企業ニッチトップ」の認定や「地域未来牽引企業」にも選定されたほか、「優良健康経営法人」に認定され職員の健康にも力を入れていることが認められました。

d02b58b31eb6aa867b553a285e3d9250a89f7513.jpg

事業内容

とりねつは、真空、浸炭、高周波、窒化と熱処理技術を幅広くカバーしています。こうした整った環境下で複合技術の開発にも力を注いでいます。 そして、単品、量産品のどちらにも対応した熱処理を行っており、取引企業数は700社を超えています。
その中に熱処理の新たな動きが垣間見えます。
例えば、鋼板を何万ショットもプレスする金型にはそれに耐える強度が要求され、より硬い鋼板が開発されると、更に耐久性を高める高度な熱処理技術が求められます。 自動車産業では燃費や静寂性を向上させるために、部品の小型化、軽量化、強度化、精密化が追求されています。
軽量で高強度の材料が開発されると、その性能を最大限に引き出す熱処理技術が必要とされます。

f6ebae0464a6d1e945f2efaeb7e618b32f0f2fb8.jpg

先輩の声

学生時代は物質工学科を専攻していたので金属熱処理とは縁がありませんでしたが、先生の紹介で工場見学をした際に、航空機や自動車などの重要部品に熱処理が施されていることを知り興味を持ちました。実際に仕事をしていくと産業界において、金属熱処理が如何に重要な工程でありその奥深さを知りました。
社外研修でお客様の会社を視察させてもらった時に、製品ができるまでの工程を見学し、責任を持って作業しなければならないと痛感しました。とりねつでは、花見や納涼会のBBQなど家族が参加できるイベントも多く、アットホームで温かい職場の雰囲気と、専門技術を要するシビアで責任感のある仕事ができる事に誇りを持っています。

ホームページ
2019年度・夏のインターンシップは、4月1日(月)に公開予定です。
また、実習へのエントリー受け付けは、5月初旬より順次、開始いたします。

インターンシッププログラム

お問い合わせ

鳥取県中小企業団体中央会
とっとりインターンシップ推進事業
コーディネーター

〒680-0845 鳥取県鳥取市富安1丁目96
Tel : 0857-26-6671 / Fax : 0857-27-1922 / E-mail : miryoku@chuokai-tottori.or.jp
お問い合わせ受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 8:30~17:00