長期有償型インターンシップ

長期有償型インターンシップの概要

平成30年度から、県内企業への理解を深め、賃金の支給があり、より実践的に業務を行う長期型有償型インターンシップを導入します。

項目 内容
導入企業 インターンシップ登録企業(約150社)うち、長期有償型インターンシップを実施する企業をリスト化
(当初20社、将来的に35社。業種は問わない)
対象者 県内外の大学生、大学院生、短期大学生、専門学校生等
(学年は問わない)
期間 原則1ヶ月以上(2週間以上も可)
時期 夏休み、春休みの長期休暇中を基本とする
実習内容 インターンシップのプログラムセミナー(※)の受講を推奨し、長期有償型に適した
メニューを開発(※専門講師により、効果的なプログラムの作り方を学ぶ)
賃金 各企業により異なる(最低賃金以上)
契約関係 企業と学生が雇用契約を締結する
補償 各企業の負担により労災保険に加入(雇用保険は不要)

長期有償型インターシップの仕組み

平成30年夏実施分から、現行のとっとりインターンシップ(無償型)に、長期有償型のメニューが追加されました。
専任コーディネーターが学生と企業の双方をサポートします。

また、学生へは給与が支払われるため、アルバイトとの両立の心配がなく、より学習効果の高いインターンシップを行うことが可能です。

専任コーディネータとは?

学生に寄り添い、応募前から終了後まで、学生をしっかりサポートします。

県内の企業へは人材育成、企業発展への強い意欲、仕事直結型のより実践的なプログラムの実現を行うにあたっての相談企業ニーズの把握、プログラム策定などの企業支援(啓発、支援)を行い、充実したインターンシップの実現を提供します。

コーディネーターの活動

«相談» (下線部は有償型で追加される活動)

  • 実習先はどこがいいのだろうか?
  • 自分の先行は活かせるか?
  • 給与の支払われ方は?など

«活動»

  • 事前学習お事前準備の案内
  • 成果目標の相談や設定支援
  • 実習中も巡回し、学生をフォロー
  • 雇用契約書、契約書など書類面のサポート
  • 事後学習や賃金支払のフォロー
  • 実践的なプログラムが提供できるよう企業を支援

学生への支援(無償型、長期有償型共通)

交通費の助成 学生の県外の居住地から、鳥取県内の実家又は宿泊地までの公共交通機関の往復経費の1/2を助成(助成金の上限3万円)
宿泊費の助成 ・県内に本人又は保護者の住居がない県外大学の学生
県内に本人又は保護者の住居があっても、住居がインターンシップの実施地まで、公共交通機関を利用し片道2時間以上かかる場合等、宿泊経費の1/2を助成(1泊あたりの助成金上限4.100円)
送迎支援 ・県内主要駅と受入先企業との間で、バス又はタクシーを運行し、送迎を行う。
※県内学生、県外学生とも利用可

※公共交通機関の利用ができない又は不便な地域にある受入先企業へのインターンシップに限る。

平成30年度のスケジュール

お申し込み

インターンシップの申し込みは、本ホームページからのWEBエントリーのみとなります。
下部WEBエントリー(2018年11月1日より開始)からID・バスワードを設定し所定の手続きに沿ってエントリーを完了してください。

お問い合わせ

鳥取県中小企業団体中央会
とっとりインターンシップ推進事業
コーディネーター

〒680-0845 鳥取県鳥取市富安1丁目96
Tel : 0857-26-6671 / Fax : 0857-27-1922 / E-mail : miryoku@chuokai-tottori.or.jp
お問い合わせ受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 8:30~17:00


関連ウェブサイトへのリンク

鳥取県雇用政策課

鳥取県中小企業団体中央会