長期有償型インターンシップ

長期有償型インターンシップに行ってみよう3!!

参加学生:谷掛大樹(鳥取大学地域学部院1年)
受入企業:山里料理 みたき園
期  間:平成30年8月30日(木)〜9月25日(火)

私は、長期有償インターンシップの制度を利用して、約1ヶ月の間、智頭町の飲食店「みたき園」にお世話になりました。私がこちらにお世話になった理由は、地域学の実践の場に自ら入り、経験したいと思ったからで、正直なところ就職活動の一環とは考えていませんでした。しかし、一ヶ月の間ほぼ毎日顔を会わせる従業員の方々や、女将さんなどの人生の先輩方とお話させていただくにつれ、自分自身の見直しにも繋がり、就職活動にとってもよい刺激となりました。この一か月間で、職場の中のすべてがわかるわけではもちろんありませんが、少なくとも興味がある職場の大事な要素に触れることが出来ました。有償であることから傍観者でなく責任を感じながら仕事を行い、本当によい経験となりました。

参加学生:山田結衣(大分大学経済学部3年)
受入企業:山里料理 みたき園
期  間:平成30年9月11日(火)〜9月24日(月)

私が今回とっとりインターンシップに参加した理由は、自分の興味のあることで働くイメージを付けたかったからです。そのイメージを付けるためにはある程度長期間インターンシップを行いたいと思っていました。そしてインターネットでとっとりインターンを知りました。今回は長期有償型インターンシップということで働いた分給料がもらえることもあり、より働くイメージがつきました。さらに、インターンシップ先が実家から離れていることもあり民泊を利用しました。このことにより田舎で暮らしながら働くイメージもわきました。またご縁があればインターンシップ先である「みたき園」で働きたいと思いました。

受入企業様のコメント

みたき園 園主 寺谷節子氏

2名の受け入れを行い、そつなく仕事をこなしてくれました。実習中は繁忙期でもあり、長期であったことから戦力となり大変ありがたかった。学生も興味のある仕事であることから指導のかいがあった。