鳥取県警察

住所
〒680-8520 鳥取市東町1丁目271番地
事業所紹介

県民の期待にこたえる警察

~安全で安心な鳥取県をめざして~

警察官として採用されると、警察学校に入校します。警察学校卒業後は、警察署に配属され、地域警察官として交番に勤務し、管内のパトロールなど、県民の暮らしに最も身近な職務に当たります。その後、各自の適性や能力、本人の希望などにより、各部門(生活安全、刑事、交通、警備等)に配置されることになります。

事業内容

【警察職員の待遇】

  • 昇任制度
    年功や学歴に関係なく、自らの能力によってキャリアアップすることができます。
  • 給与制度
    警察官の給与は、職務の特殊性から一般の公務員(行政職)より優遇されています。
  • 勤務制度
    職種、勤務内容によりますが、通常勤務と交替制勤務に大きく分かれます。完全週休2日制であり、交替制勤務者等を除き、毎週土・日曜日が休みとなっています。
  • 休暇制度
    年次有給休暇は最大年間40日間取得できるほか、夏季休暇、結婚休暇、忌引等の特別休暇等があります。また、産前・産後休暇、育児休業、育児短時間勤務制度のほか、介護のための休暇等も整備されており、仕事と家庭の両立や趣味の時間を確保することもできます。
  • 教養研修制度
    警察職員として確実に成長できるよう、より高度なスキルを身につけるための多種多様な教養研修制度があります。

先輩からの声

【警察官】

  • 被害関係者の方から「ありがとう」とお礼の言葉を言っていただいたときは、誇りと使命感を強く感じるとともに言葉にできないほどの達成感があります。警察官は、大きなやりがいを感じることができる仕事です。
  • 地域警察官は住民の方との距離が近い存在であり、事件・事故の初動対応はもちろん、巡回連絡や地理案内、地域の行事に参加するなど、地域住民と寄り添った活動を行っています。「県民の方の笑顔を守りたい」と思い、警察官を志しました。一緒に県民の方の笑顔を守りましょう。

【警察行政】

  • 業務を通じて、安全で安心して暮らせる鳥取県の実現に貢献しているこの仕事を誇りに思います。性別関係なく誰もが活躍でき、やりがいを感じることができる鳥取県警察で、皆さんも一緒に働いてみませんか。

 

ホームページ

インターンシッププログラム

実習内容
警察本部、警察署等において、実際に現場で働く警察官と一緒に警察業務に関する職業体験を行ってもらいます。
スケジュール
1日目 業務説明、職業体験、施設見学、意見交換 等
2日目 業務説明、職業体験、施設見学、意見交換 等
3日目 業務説明、職業体験、施設見学、意見交換 等
実習内容補足
インターンシップを通じて警察の魅力ややりがいをお伝えします。
受入人数
15名
募集学年・学部・学科・専攻
大学3年生、学部等は問いません
実習期間
2017/9/20~22 (実質日数 3日)
実習時間
8:30~17:15(うち休憩時間 60分)
実習場所及び所在地
鳥取県警察本部(鳥取市東町一丁目271番地)等
2018年春は登録していません

お申し込み

インターンシップへの参加を希望される学生の方は、まず初めに、学生登録用エントリーシートを提出してください。
エントリーシートに必要事項を記入して、所属している学校の担当部署へ提出してください。

※ 鳥取県外の学生の方は、鳥取県中小企業団体中央会あてにエントリーシートを郵送するか、メールに添付して送ってください。
※ 受入企業によっては、低年次などの理由によるインターンシップの受け入れの制限や、受け入れが可能な人数に上限があります。

お問い合わせ

鳥取県中小企業団体中央会
県内企業の魅力体験事業事務局
コーディネーター

〒680-0845 鳥取県鳥取市富安1丁目96
Tel : 0857-26-6671 / Fax : 0857-27-1922 / E-mail : miryoku@chuokai-tottori.or.jp
お問い合わせ受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く) 8:30~17:00