とっとりインターンシップ事業に係る情報流出に関するお知らせとお詫び


とっとりインターンシップ事業に係る情報流出に関するお知らせとお詫び

 

                               とっとりインターンシップ推進協議会

 

 この度、鳥取県中小企業団体中央会及びとっとりインターンシップ推進協議会のホームページに掲載した資料(PDFファイル)に、登録された学生さまの個人情報が閲覧できる状態で残存していたことが判明しました。

 登録された学生さま、受入れ企業さま、大学等関係機関の皆さまに多大なるご迷惑、ご心配をおかけすることとなり、ここに深くお詫び申し上げます。

 今回の事案は電子ファイルの特性の認識不足等による人為的なミスであり、今後は、再びこのような事態を招くことのないよう、個人情報の厳重な管理に努めてまいります。

 なお、学生さま、企業さまにご登録いただく「とっとりインターンシップWebシステム」自体には、不具合や問題はありません。

 参加された学生さま、受け入れてくださった企業さまに満足していただける事業を目指し、努力してまいりますので、引き続き「とっとりインターンシップ」にご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

 なお、ご自身の情報流出に不安のある方、詳細な経緯や状況をお知りになりたい方、具体的な被害報告などございましたら、下記問合せ先へご相談・ご連絡をお願いいたします。

 

【本件に関する問合せ・相談先】

  鳥取県中小企業団体中央会(とっとりインターンシップ推進事業担当)

   電話番号:0857-26-6671

   メールアドレス:miryoku@chuokai-tottori.or.jp

 

                        記

 

1.事案の概要

・鳥取県中小企業団体中央会が「とっとりインターンシップWebシステム」開発委託業務のプロポーザル募集を鳥取県中小企業団体中央会及びとっとりインターンシップ推進協議会の両ホームページで行った際、システム開発の仕様に係る参考資料として添付したPDFファイル(個人情報をマスキングしたもの)に、インターンシップ参加学生の個人情報データが残存しており、コピー&ペーストによるデータ閲覧が可能な状態となっていた。(インターンシップ参加学生の友人が、氏名検索で個人情報が表示されることを発見し、その連絡を受けた企業代表から指摘され、事案を認識したもの。)

・また、氏名を検索エンジンで検索すると関連する情報が表示される状態となっていた。(現在は解消されている。)

 

2.原因

Excelデータから変換したPDFデータに個人情報のデータが残存していることへの認識不足によるもの。

 (PDFデータに変換すれば、マスキング前の個人情報にはたどり着かないと認識していた。)

 

3.閲覧可能となっていた情報

2020夏インターンシップに参加した学生40名分の氏名、学校名、学部、学年、携帯電話番号、メールアドレス、エントリー先の企業名・志望順位、最終的な実習の有無、交通費助成の有無

 

4.閲覧可能となっていた期間

430日(金)(ホームページ掲載時)から525日(火)午前中(該当ページ削除時)まで

 

5.対応状況

・両ホームページ上から該当PDFファイルを削除した上で、ホームページ管理会社を通じて、検索エンジン(GoogleBing)上の個人情報の削除を依頼しました。(現在、個人情報は表示されない状態となっています。)

・該当の学生さま全員(40名)に対して、経緯の説明と謝罪を行いました。

・また、エントリー先として掲載されていた企業さま全て(39社)に対しても、経緯の説明と謝罪を行いました。

 

 6.再発防止について

・今後は、ホームページ等で公開する情報に個人情報が残存しないよう、チェックリストによる確認を徹底し、個人情報の厳重な管理に努めてまいります。